×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME English Page
東急不動産東急リバブル不買運動 東急不買 fc2 ヤフー goo excite b l o g
林田力 anime 枕石 空き家 Tumblr Twitter 海賊


東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則 ルフォンリブレ木場と東急不動産だまし売り裁判

タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判

タカタ製エアバッグの欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)は重なる。エアバッグの品質問題では死亡者も出た。米下院エネルギー・商業委員会は2014年12月3日に公聴会を開催し、議員らは相次いでタカタの清水博・品質保証本部シニアバイスプレジデントに厳しい批判をぶつけた(小雲規生「エアバッグ、リコール拡大 「まるで散弾銃」米下院公聴会で厳しい批判噴出」産経新聞2014年12月5日)。

タカタ問題も東急不動産だまし売り裁判も対応の悪さが批判を増幅された。情報の小出しや隠蔽疑惑はトヨタ自動車のリコール問題でも批判された。タカタ問題や東急不動産だまし売り裁判には構造的な要因が潜んでいる。

タカタの理屈は「消費者に説明し対応すべきは、最終的に製品を販売した完成品メーカーの役割」である。「だが、実際にリスクに直面している顧客から見れば、そんなことは「ムラの論理」に過ぎない。完成品メーカーと部品メーカーが責任に関する応酬を続けている間に、問題の原因や解決策などへの説明が置き去りにされる。顧客はリスクに曝され続けるだけだ」(広岡延隆「タカタがソニーとトヨタから学べなかったこと 「ムラの論理」が品質問題を炎上させる」日経ビジネスオンライン2014年11月25日)。

これも東急不動産だまし売り裁判と重なる。東急不動産だまし売り裁判では販売代理の東急リバブルと事業主の東急不動産の間で、たらい回しにされ、消費者は置き去りにされた。東急不動産マンションのアスベスト使用問題では施工のピーエス三菱と事業主の東急不動産の間で、たらい回しにされ、消費者は置き去りにされた。東急不動産の言動は隠蔽を思わせるものであった。隠蔽を試みた者が誰であるか、浮かぶ社名は一つしかない。

東急不動産は自社の失敗への痛切な反省に欠けている。東急不動産には解決すべき問題が山積している。東急不動産だまし売り裁判では現場のチェック体制が機能していない実態が明らかになった。イージーミスが重なり、ほんの少しの注意を怠った時に大きな災難が舞い降りる。東急不動産だまし売り裁判の背後には、東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りによって苦しめられる消費者の姿がある。東急不動産だまし売り裁判原告だけではない。もっと大勢のマンション購入者が同様の目に遭っているはずである。

東急不動産だまし売り裁判原告の憤慨たるや、言葉に尽くしがたい。その頭は怒りを通り越した激情のせいで、その心とは逆に冷えていた。東急不動産だまし売り裁判原告は「どうして東急不動産は、これほどネガティブ思考なのか」と感じずにいられなかった。考えるだけで頭痛がする。このままではあまりに悔しい。東急リバブル東急不動産への批判は高まる一方である。

林田力は東急不動産だまし売り被害者であっても誇りを失ってはいない。強大な東急リバブル東急不動産を相手にしても屈せぬ誇りがある。一寸の虫にも五分の魂。一消費者にも、どうしても譲れぬ一線はある。東急リバブル東急不動産は、それを踏み越えた。正しき行いには正しく報いるべきである。『東急不動産だまし売り裁判』には夜空の星を砕いて取りだした光が宿る。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産を覆う靄を払拭し、真相を辿る糸になる。


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』

マンションだまし売りを描くノンフィクション

東急不動産だまし売り裁判 東急不動産だまし売り裁判 楽天ブックス
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

●目次
まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
ロゴス社、2009年7月1日刊行



林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2014 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
TOP