HOME English Page
東急不動産東急リバブル不買運動 東急不買 fc2 ヤフー goo excite b l o g
林田力 anime 枕石 空き家 Tumblr Twitter 海賊


東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
ルフォンリブレ木場と東急不動産だまし売り裁判
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判

ブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンス

東急不動産のブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンスは共に周辺住民との間で建築紛争が起きた。共に東急不動産が事業主になっている。東京都大田区鵜の木1丁目に位置し、東急多摩川線鵜の木駅と東急池上線久が原駅を最寄りとする点も共通する。東急不動産のトラブルが近接地域で続発する傾向は東急不動産消費者契約法違反訴訟と重なる。東京都江東区のアルス東陽町301号室だけでなく、東急ドエルアルス南砂サルーテでもマンションだまし売り問題が起きた。

ザ・久が原レジデンスはマンション建設反対運動が起きた。ザ・久が原レジデンスは旧称HILLSIDE PROJECT(ヒルサイドプロジェクト)。売主は丸紅株式会社、東急不動産株式会社、施工会社は青木あすなろ建設株式会社、管理会社は丸紅コミュニティ株式会社である。インターネット掲示板では以下の否定的評価が出ている。

「外観一昔前のデザインだな」

「安っぽいね。ディスポーザーも無いし」

「外観も価格もいまいちすぎる」

「コンセプトと価格が釣り合っていないのが非常に残念な物件という感想です」

ブランズシティ久が原とも共通するが、ザ・久が原レジデンス建設による近隣住宅の圧迫感は甚大である。

インターネット掲示板でも圧迫感を指摘する声が出た。「結構圧迫感ありますね」

「散歩がてら工事を見てきたけど、近隣住居との距離がとても近いですね。こんなに近くてもマンションは建設できてしまうんですね」

「法律上OKならなるべく最大限に建てないとっていうかんじなんじゃないですか」

「住宅密集の中にあのマンションは最初ちょっと違和感感じるかも」

「工事を見た人はわかると思うけど、特に正面に向かって右側の家は、かわいそうになるくらい密接しているなぁ〜。のぼりが立っていたし、反対運動は継続してるんですね」

ザ・久が原レジデンスは崖地に建設する点が不安材料である。災害時の危険性が懸念される。掲示板では以下の指摘がなされた。

「周辺住民のブログ読む限り、結局ここも崖削って崖をマンションで支えてる訳だろ。将来、全面建替えって出来るのか」

「やはり崖が気になりますが、崖は崩れませんか」

「崖線が一番気になりますね。普通は擁壁造るんじゃないの?マンション本体が崖を支えてるってどうなんですか?別の方が書いてましたけど、全面改修出来ないんじゃないかという不安があります」

「ここの崖を建物で支える建て方は本当に大丈夫なんでしょうか」

「崖崩れの影響が不安ですね」

「崖を削っているので、このところの雨の多さは影響はないのか気になります」

水害も懸念されている。水害の懸念は世田谷区玉川の二子玉川ライズでも周辺住民から指摘された。

「湿気とか大丈夫ですかね。崖から水とか出ますよね」

「住民ブログで知りましたが、住民の指摘を受けて計画途中でタンクの許容量を上げてます。どうやら地域で下水のオーバーフローを良く起こしてるそうです。建設されるタンクの貯水量は一般的には全く問題ない数値ですが、果たして…。というところですね」

「昔、ここは崖地で湧き水もあったようですから、下の階の方は湿気がひどいでしょうね。もともと多摩川の河原だったところだから地盤もやわらかくて水が出やすいですし」

掲示板では治安面の不安も指摘された。「鵜の木で殺人事件ですか。大丈夫ですか、近隣の治安は」

「近いね。物騒だな」

「空き巣も多いらしいですね」

「空き巣が多いとは セキュリティも過信してはダメですね」


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』

マンションだまし売りを描くノンフィクション

東急不動産だまし売り裁判 東急不動産だまし売り裁判 楽天ブックス
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

●目次
まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
ロゴス社、2009年7月1日刊行



林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2014 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
TOP