HOME hayariki.net はやりき 不正 悪徳 ブログ Blog したらば

東急不動産らの「湘南袖ヶ浜レジデンス」に住民反対運動

東急不動産らの巨大マンション「湘南袖ヶ浜レジデンス」(ピースピースピースプロジェクト、神奈川県平塚市)に対し、地元住民による反対運動が展開されている。湘南袖ヶ浜レジデンスは旧杏雲堂平塚病院(現ふれあい平塚ホスピタル)の敷地内に建設される。

事業主は東京建物株式会社(東京都中央区、畑中誠社長)、東急不動産株式会社、三菱地所株式会社である。旧称は「(仮称)平塚袖ヶ浜計画」であった。旧杏雲堂平塚病院跡地計画とも呼ばれる。設計施工は浅沼組東京本店。ふれあい平塚ホスピタルの敷地内に3棟(333戸)が建設され、このうち東側道路に面するA棟の一部は、地上16階建て高さ49.13メートルとなる予定である。

海へのシンボル軸

建設計画地周辺は平塚を代表する街並みが形成されている。計画地の東側道路は、平塚駅から海岸へと伸びる海へのシンボル軸(湘南なぎさプロムナード)で、「湘南ひらつか都市景観基本計画」に基づき景観モデル地区に位置づけられている。

南口の顔となるメインストリートである。戦災復興で道路幅が広く、閑静な住宅街が広がる地域である。統一感があり、目に優しくてホッとする町並みである。ゆとりを感じさせる街である。広い歩道、広い空、広い海、明るい幸せな気持ちになれるところである。

計画地周辺図 (「Yahoo!地図情報」より)

住民反対運動

突如持ち上がった「巨大マンション」計画に住民はすぐさま反応した。景観を無視し、地域住民をないがしろにする高層計画が住民の怒りを買った。「広々とした空や松林といった市民の貴重な財産である住環境が失われる」と周辺住民は反発する。

松の緑と調和する高さの建物、広がる空、この景観を壊してしまう。湘南袖ヶ浜レジデンスの高さは周りの環境とあまりに違い過ぎる。湘南袖ヶ浜レジデンスが建てられたなら、今の街並みは失われてしまう。一度建てられてしまうと、業者による開発の歯止めがなくなる恐れが高い。

巨大マンション建設により、日影の問題も深刻になる。道路を挟んで東側の湘南高浜台ハイツの1号と5号棟、さらに計画地の北側と西側も日影になる。周辺住民のプライバシー被害も甚大である。この計画により、平塚に住む魅力が失われかねない。

袖ヶ浜自治会

袖ヶ浜自治会は1月29日、役員会において同計画に反対することを全員一致で決定。2月8日、地元老人会、子供会、花水地区自治会連絡協議会などと連名で、計画の撤回を求める要望書を業者側に送付した。10日には同会の田中三朗会長が平塚市役所を訪れ、マンション業者に対し指導を徹底するよう求める嘆願書を、大蔵律子市長あてに提出した。

田中会長「今の計画ではマンション北側の住宅における日照権の侵害は深刻なものになる。また近隣住宅まで3・5メートルしかない場所もあり、周辺住民の精神的な圧迫感は計り知れない。敷地内の松林などが伐採されることは地域にとって大きな損失になる」(「巨大マンション計画に「ノー」」タウンニュース平塚版2005年2月17日号)。

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

現在は袖ヶ浜を中心に署名活動が展開されており、こうした動きはマンション予定地と道を挟んで向かい合う場所にある高浜台ハイツ自治会など、近隣地域へも広がった。湘南高浜台ハイツ居住者有志は1月に「湘南なぎさプロムナードの環境を守る会」を結成(菊川一彦会長)、アクションプランを作成し活動を始めた。

会は2005年3月3日に周囲の環境にふさわしい計画への変更を平塚市が事業者へ指導するよう求める請願を市議会に提出した。請願には11770人分の署名も添えた。同様の要望書と署名を大蔵市長にも提出。大蔵市長は「皆さんの思いは十分理解しました」と話す(「高層マンション計画「周辺と合う計画に」住民団体が市議会に請願提出」タウンニュース平塚版2005年3月10日号)。

建設地周辺では建設反対の幟旗が掲げる。幟旗は赤字に白字で「緑と空を守ろう」「緑を奪うな」と記述されている。

住民向け説明会

高層マンション計画事業者による周辺住民への初の説明会が2005年1月28日に開催された。会場に充てられた平塚商工会議所大ホールは参加者で埋め尽くされた。一方、三菱地所、東急不動産は一人も顔を出さなかった。マンション事業者らは、概要書に沿って説明したが、怒号が飛び交うなど、会場は一時、騒然とした。

ある参加者が「我々にできるのは抵抗しかない。工事を妨害するしかない」と呼びかける一幕もあった。事業者らは「市の開発指導要綱に沿って説明している」など法的に何ら問題ないことを繰り返し強調したが、両者の言い分は接点が見出せず、物別れの状態で終わった。説明会は時間切れとなり、次回に持ち越す。

第2回説明会は2月6日に開催された。松本とし子・平塚市議は以下のように述べる。「計画にあたり1月28日と、2月6日の2回地域住民への説明会が開かれました。これで明らかになったことは、事業者側はいかに建蔽率を有効に利用するか、いかに多くの入居者を確保できるか・・つまりはいかに儲かるということしか考えていなかったということでした」(松本とし子「「(仮称)平塚袖が浜計画」とは」活動ファイル2005年2月7日)。金のことしか考えていない。環境についての責任放棄と言える。

第4回説明会は4月24日18時から平塚商工会議所3階で開催される。入場自由。同説明会は、計画変更を求める市民有志の集まり「湘南なぎさプロムナードの環境を守る会」と、「袖が浜自治会」(田中三朗会長)が、過去3回の説明会では不十分として再度の開催を事業者に求めていたもの。

「業者は高層マンション計画を押し通そうとしている。大勢の参加により景観・環境・生活を守る決意を示し、計画の変更を実現させたい」と関係者は話す(「袖ヶ浜高層マンション建設問題=市の指導つづくも高さ見直しに事業者難色=」湘南ジャーナル2005年4月15日)。

株式会社メイズ・プラン

事業主は株式会社メイズ・プラン(代表取締役平野直樹、宅建番号[神奈川知事]3-20379、平成14年1月現在)に近隣折衝業務を委託している。事業者は直接住民と向き合わず、住民運動側はメイズ・プランの担当者と折衝することが多い。該社は他でも紛争が起きた分譲マンション建設にかかわっている。事業主は自らが正面に出ない限り、自分の手が汚れてないとでも思っているのだろうか。

平塚市の対応

市は「周辺と調和するような建物にしてほしい」とマンション業者に要請しているが、「聞き入れてもらえるかどうか」は不明。市都市政策課でも「周辺の街並みに合ったふさわしいところまで下げてほしい、とお願いしている」「この地域は周りに高い建物がないので、突出するだろう。市の重要な景観地区なので、粘り強くお願いしていく」(「杏雲堂病院跡 高層マンション建設」湘南新聞2005年2月5日号)。

3月29日は事業者との間で通算7回目となる景観協議が持たれた。市側は再度、高さ22.5メートル(ガイドラインから導いた景観を損なわない基準値)への計画変更を指導。樹木の保全と生活環境の保持も求めた。

対して事業者側は譲歩案を提示した。主な内容は「(1)高さは16階から15階建てで検討、(2)保存樹を当初計画より増やす、(3)南側の住居専用庭を廃し自主管理緑地にする」等である。住民側からの「焼け石に水」「小手先の変更」との反発は必至で、平塚市は今後も粘り強く指導・要望していく姿勢である。

平塚市議会

平塚市議会では3月定例会において、平成17年請願第4号「「(仮称)平塚袖ヶ浜計画」についての請願」及び平成17年請願第5号「「(仮称)平塚袖ヶ浜計画」に伴い損なわれる地域の景観の保存、生活環境の保持を求める請願」が趣旨採択された。請願は景観や松の緑を保ち、当地域の街並みに合った高さへの変更を求めるものである。マンション問題で全会一致で趣旨採択されることは全国的にみても珍しく、この結果は事業者も重く受け止めるべきである。

後藤輝彦議員(無所属)より、「(仮称)平塚袖ヶ浜計画」についての質問がなされた(2005年3月8日)。答弁は「この地区は、湘南ひらつか都市景観形成モデル地区の1つである海へのシンボル軸に指定している。良好な松林の中に屋根が見え隠れするようなイメージを形成する地区に該当。クロマツの樹高は20メートルから25メートルと言われており、ガイドラインからの基準値である。大幅制限ということで協議拒否にならぬようねばり強く助言、指導に努める」である。

10階建てへの計画変更を提示

大蔵市長は、6月1日と2日に、マンション計画事業者の東京建物と医療法人社団康心会を訪問した。その際、事業者から6階分の住戸を減らす計画変更の提示を受けた。計画変更によりマンションは10階建ての高さ約31mにし、マンション北側に建設予定の病院は高さ32.29mを約31mになる。これは6月3日に市議会会派代表者会議で発表された。

過去の住民向け説明会では事業者から「事業採算性から高さ、形状に関してはこれ以上は応じかねる」という発言がなされていた。計画変更の提示により、この事業者発言がいかにいい加減で無根拠なものであるか明らかになった。プロジェクトには含み部分というものがある。市長の訪問で提示された10階31mは最初からシミュレーション済み、折込済みの高さであった可能性が高い。

10階建て31メートルは依然として高層である。低層の緑豊かな住宅地が形づくる景観を壊すことに変わりはない。駅周辺を除き、なぎさプロムナードには5階以上の建物は存在しない。市が指定した景観モデル地区である。2006年告示予定の高度地区指定、2007年6月議決予定の景観条例に反する高さである。この地に5階以上の建物を建てようとするマンション業者は東京建物・三菱地所・東急不動産が初めてである。

計画変更について江口友子市議は以下のようにコメントする。「今後、この事業者側が提示した計画修正をどう捉えるかは、慎重に考えないといけないと、私は思っています。病院の方はほとんど高さを下げてきていませんし、住民からの要望に何も答えていないのです」(「江口友子のまちある記」2005年6月3日)。

袖ヶ浜の価値

袖ヶ浜(袖が浜)は明治百年の歴史のある地であり、保存林のクロマツと人間の知恵と労力とで守られてきた市民の自慢の景観の地である。落ち着いた町並みや景観は、建物が低層であることが最も中核的な要素である。超高層の建築物は駅南口エリアにはほとんどない。南口の良さは開放感なのに、メインストリートにドドーンと高層マンションが建てられることになる。

建設されたら、空のない、緑のないグロテスクなマンションを見て過ごさなければならなくなる。休日に少し遠くまで浜辺を散歩すると、防砂林の植栽の上ににょっきりと顔を出す湘南袖ヶ浜レジデンスが目障りなものになる。湘南の海からの景観さえ悪くしてしまう計画である。高村智恵子は「東京には空がない」との言葉を残した。一生灰色の世界というものを想像してもらいたい。壁のような圧迫感を和らげて欲しい。空を奪わないで欲しい。手に届きそうなくらい大きな星、静かで暗い夜を奪わないで欲しい。

黒松

マンション建設工事により、黒松をはじめとする緑豊かな樹木はすっかり伐採された。陽光に照り映え、天へと真っ直ぐに伸びゆく樹木の群はとても幻想的であった。いつまでも眺めていたいほどの美しさであった。伐採後の風景はあまりに殺伐としている。モデルルームの看板に使ってある松のシルエットが「緑を残して欲しい」とお願いした市民の心をいたぶる。悪趣味としか言いようがない。

湘南袖ヶ浜レジデンスの事業主(東京建物、三菱地所、東急不動産)は、旧杏雲堂の敷地内にある桜の木、黒松の木、クスノキ、エノキをばっさばっさ、なぎ倒していった。まるでパレスチナの地で民の歴史が刻まれた地形を根こそぎなぎ倒して世界史から抹消してしまおうとしたイスラエルのブルドーザーのようであった。ウンザリするほど存在するマンションを建てるために袖ヶ浜の歴史を潰していった。

黒松は防風林として機能していた。袖が浜は海岸地帯であり、びっくりするほどの強風が吹き抜ける。それをこれまでは黒松の樹林が受け止めていた。「住民の方々は、木を切られた瞬間から家に当たる風の強さがすごいことを知ったといいます」(松本とし子「あの旧杏雲堂病院跡地が・・・。」活動ファイル2005年5月25日)。

魚つき林

黒松の林は「魚つき林」としての役割も果たしている。昔から漁師は「海に魚が多いのは近くの森が豊かだから」ということを知っていた。「森林の魚つき機能としては、(1)土砂の流出を防止して、河川水の汚濁化を防ぐ。(2)清澄な淡水を供給する。(3)栄養物質、餌料を河川・海洋の生物に提供する等がある」(吉武孝「沿岸生態系:森林の魚つき機能」森林総合研究所所報No.22、2003年)。

生態系では様々な生命が、考えられる以上に複雑に緻密にかかわり合いつながって、循環している。「一見しただけでは関係性がないように見える木の伐採と海の魚ですが、自然のサイクルの中では密接につながっていた」(新谷弘実『病気にならない生き方』サンマーク出版、2005年、199頁)。

黒松がなくなることにより魚が来なくなる。生態系のサイクルを絶つ行為になる。漁業組合の方が「魚が寄りつかなくなる」として、湘南袖ヶ浜レジデンスの建設に反対していた。漁業関係者には死活問題であり、マンション建設反対運動の先頭に立っていても不思議でない。

湘南袖ヶ浜レジデンスのビル風

2006年7月末入居予定のガーデンヴィラ棟(B棟)がヴェールを脱ぎ、その姿を明らかにしている。信じられないほど醜悪な建物である。安っぽく作られていることは明らかである。タイル貼りが「まるで団地のような安っぽさ」と顰蹙を買っている。

メイン通りのプロムナード側からは建設中のホスピタルの影に隠れて見えにくい。病院の存在は想像以上に大きい。マンション入居者にとっても影響は大きい筈である。ガーデンヴィラ棟は道路より一段下がったところに建っている。そのため、通行人から見下ろされる上、暗く、ゴミや雨水が溜まりやすい。

ガーデンヴィラ棟のためにビル風が生じることも明らかになった。マンション西側道路を挟みA棟B棟と向かいの社宅との谷間に生じるビル風は危険を感じさせるものである。建物が建つ前にはこのような風は吹かなかった。マンションと向かい合う社宅ビルを通り過ぎると、ぱたっと風がなくなる。

住宅地や市街地等で、周囲の建物より目立って高い建物や大きい建物が建設されると、その建物に遮られた風は、壁面に沿って上下、左右に流れる。この流れは、周辺の状況などにより、さらに複雑な流れとなり、局所的に強い風や乱れた風が吹くことになる。このような風がビル風と呼ばれる。ビル風の発生状況は建物の形状、配置や周辺の状況によって異なり、比較的低層の建物でもビル風は発生し得る。

より深刻な懸念は、湘南袖ヶ浜レジデンスの内側でどのような風が吹くかという点である。高さ31メートルのマンションの隣に34メートル以上の病院、その後ろに15メートルのマンションが平行に2棟並ぶ。更に、その北側にもC棟マンションが建つ。壁と壁にぶつかって一体どれほど乱れた風が吹くことになるか予測もつかない。

事業者がビル風の詳しいデータを近隣住民に出さなかったことが今になって理解できた。予想もつかないことは「大丈夫」にしてしまい、予期せぬ出来事ととして処理するのに慣れ過ぎている。汚い金儲け優先で近隣に及ぼす災禍は知ったことではないとの態度である。

楽園イメージの虚偽

海の近くに住むことには苦労がある。販売パンフレットの謳う「海から五分の生活楽園」に騙されてはならない。南風が強い日は、あたり一面に海の匂いが漂っている。窓ガラスにも潮が付く。台風などの日は潮風ではなく塩水が直接飛んで来る可能性もある。建物は潮風に晒される。

自転車や自動車も場所によってはすぐに錆びる。車の車体、ガラスが塩で真っ白・ベトベトになる。早めに洗車しておかなければ車は長く持たない。当然、車の下取りも安くなる。自転車も同じで新規購入するならばステンレス車が良い。エアコンの室外機も故障しやすい。

洗濯物の乾きも悪く、ベトベトする。南風の日、高層部では洗濯物は外に干さない方がいい。布団の日光浴も厳しい。物干し竿はステンレス製でなければ錆びてしまう。それでも、これまでは黒松の林が潮風を緩和していた。しかし、湘南袖ヶ浜レジデンス建設により、黒松の多くは切り倒されてしまった。

楽園イメージによる購入者ばかりでは、数年などの短期間にて、潮風が酷くて嫌になり、売却して次の住人が入る、というような形態となりそうである。その結果、隣人が誰であるか知らない、挨拶もしない、というような住民の出入りの激しい落ち着かない街になってしまう危険が高い。

「およそ全ての人工物は潮風に弱い。クルマはすぐ錆びるし、建物も傷むのが早い。防水の寿命も海から離れたマンションとは比べ物にならない。当然、修繕費もかさむわけで、単なる憧れだけで海のそばにマンションなど買うと、結果的にものすごく高いものになる」(河北義則『3年間、家を買うのはやめなさい!』ダイヤモンド社、1999年、215頁)。

土壌汚染

湘南袖ヶ浜レジデンス建設地は湘南海岸のサナトリウム(結核病棟)の一つであった病院跡地であるため、医療廃棄物による土壌汚染も懸念される。購入者にも、かつて何に使われていた土地なのかを調べ、汚染の有無を確かめる慎重さが必要である。将来、辛い思いをしないためにもしっかりとした調査が望まれる。

事業者には土壌汚染を隠蔽してマンションを販売した三菱地所と土壌汚染発覚でマンション建設中止に追い込まれた東急不動産が含まれている。得体の知れない怪しいものが出てきたら怖い。死体置き場として使われた箇所もあり、死者の怨念が染み付いているかもしれない。

マンションを建てる際にはまず土を掘る。建設地は100年以上も続いた病院跡地であるから土壌洗浄や試掘調査が欠かせない。静かに眠っていた医療廃棄物(ex.医薬品の小ビン)が土を掘り起こす際に傷つけられて土壌に漏れ出し汚染される可能性がある。

建設中のB棟西側から水が出たとの報告が施行主の現場責任者からなされた。この水を地下水系に吸収させ(リチャージ)、水質検査を行っていると説明した。リチャージすることで怖いのは土壌と地下水の汚染である。近隣には井戸水を生活用水に使っている家がある。生活用水とまではいかなくても、この井戸水をいろいろに活用している家はたくさんある。池のコイやペットの犬、ネコにも与えている。

東急不動産らの「湘南袖ヶ浜レジデンス」に住民反対運動Part2
890 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/12(金) 10:02:11
湘南袖ヶ浜レジデンスは着々と工事が進み、なにもかも順調に運んでいるように見える。プロムナードに面した高層棟もそろそろ向かいのハイツの5階を超え、いよいよ年内中には決まる予定の高度地区指定の高さ制限を超える部分に入ってきた。
だが土壌深くのインサイドではなにかが起こっているようだ。
周辺を歩いてよく見てほしい。業者にお願いして残してもらった松の樹木が1本、また1本と枯れてきているではないか。
すでに枯れ朽ちた1本は工事現場の作業員がクレーンで取り除いている。
これを見ていると、なんだか怖くなる!マジ正直に。

湘南袖ヶ浜レジデンスの欺瞞

湘南袖ヶ浜レジデンスは欺瞞的にも景観・眺望をセールスポイントとしている。地域住民が慣れ親しんできた景観・眺望を奪っておきながら、販売コピーで景観・眺望を売りにするのは被害者感情を逆なでする。事業者は景観をチラシとセールストークにだけ利用して終わりにし、景観を破壊する高層棟を建てて利益を上げようとしている。

パンフレットは作り込み、洗練された都会的なイメージを先行させるが、実態を伴っていない。途方もないイメージの改竄作業に汲々としている。湘南袖ヶ浜レジデンスの宣伝チラシは建設地周辺を「低層な住宅地が広がる落ち着いた環境」「大きな空の美しい環境」とアピールする。しかし、湘南袖ヶ浜レジデンス自身が、「低層な住宅地が広がる落ち着いた環境」「大きな空の美しい環境」を破壊する。

宣伝チラシにある「なぎさプロムナード」の写真は、もう永遠に消失してしまった風景である。パンフレットやチラシのイメージ写真に写っている広い空の大部分は湘南袖ヶ浜レジデンス自身や病院兼老人ホームで埋まってしまうのが現実である。ゆるやかな時の流れが心地よい、と感じられる住空間は販売している物件には存在しない。

湘南袖ヶ浜レジデンスは反対運動する人達が「守って下さい」と訴えている景観・環境を頼りに売っている。自分達が創った物ではない物、まして自分たちが破壊している物の中に辛うじて残っている物をマンションのセールスポイントにするのは筋違いである。宣伝文句に謳われている、豊かな環境を形成している既存樹木は、奪われた人々の努力と熱意とによって辛うじて残された樹木である。

ピースピースピースの欺瞞

湘南袖ヶ浜レジデンスは計画名をピースピースピースプロジェクトとする。環境を破壊しておいてよくピースと書けたものである。町並みや景観は高層マンションの引き立て役ではない。ブラックユーモアのつもりだろうか。呆れて開いた口がふさがらない。

広告チラシ「「正式価格&販売住戸」発表会開催!!」では「資料請求はホームページでも受け付けております。「ピースピースピース」を検索してください」と記述する。「湘南袖ヶ浜レジデンス」で検索して建設反対Webサイトが検索結果に表示されることを回避させるための姑息な手法である。

実際、「ピースピースピース」をgoogleで検索しても、スポンサー広告以外の通常の検索結果では湘南袖ヶ浜レジデンスに無関係なページばかりである。この点からも湘南袖ヶ浜レジデンスの事業主(東京建物、三菱地所、東急不動産)の隠蔽体質を看取できる。消費者が多くの情報から判断することを妨げようとする企業である。

眺望の幻想

湘南袖ヶ浜レジデンスは景観・眺望を最大のセールスポイントとするが、それは保障されたものでないことに注意しなければならない。湘南袖ヶ浜レジデンスの日照、眺望は大丈夫だろうか。

湘南袖ヶ浜レジデンスの隣にはマンション高層棟より高い病院・老人ホームができる。宣伝広告では見渡す限りグリーンのイメージを謳っているが、高層棟のオーシャンフロントでさえ、駅方向を見渡すともっと高い病院が立ち塞がる。病院の上の三層が有料老人ホームとなる予定である。病院や老人ホームから見下ろされる可能性もある。中庭側にあるガーデンヴィラから見ると最短17メートルの隣棟間隔からは絶えず向かいの廊下を通る人から覗かれるので、落ち着いて生活出来るか疑問である。

老人ホームを嫌悪施設と考える人は少なくない。病院や老人ホームが近くにあると、夜中の救急車の出入りに驚かされることがある。閑静な住宅街であるなら、なおさら音が響いてしまう。病院には小児科はない。他にも儲からない診療科目は消えていく運命にある経営方針の病院である。この病院の建築主の茅ヶ崎にあるメイン病院と同様、老人病院になる可能性がある。

南側空き地を東京建物が購入

道路を挟み南側の空地の所有者は湘南袖ヶ浜レジデンス幹事会社の東京建物である。湘南袖ヶ浜レジデンスは南向きをアピールしているが、将来南側にマンションが建ち、セールスポイントである日照・眺望が喪失する可能性がある。その場合、資産価値も激減する。

不動産販売にあたり宅建業者には宅建法で説明義務が定められている。重要な内容を購入検討者に伝えない営業担当者がいるならば、良いマンションとは言えない。売買契約の重要事項説明では、「高度地区指定」告示が決まれば、説明義務がある。隣に建つ病院の高さがマンションの高層棟より高くなる。

マンションに向き合う形の南側空地が何になる可能性があるか(販売サイドが全てを把握してるわけではないが、知っていることを隠してはならない)。知っていて何も言わないなら、不誠実な業者である。知らないならば、さらに不動産業者として問題になる。

半地下室マンション

湘南袖ヶ浜レジデンスのB棟1階は地元住民からは「半地下室マンション」と呼ばれている。西側道路から見ると、まさに地下である。ここは売れないだろう。じめじめしてるのわかるし、目の前は黒の剣先フェンスにレッドロビン、舗道から見下ろされる。陽光の射す舗道の「明」と、マンション1階の「暗」との対称ぶりが明確である。

投入した資金を回収するだけの設計であることが見え見えである。 購入する住民のことなは考えていない。まして周囲の住民の生活を考えていないことは言うまでもない。

購入者の心構え

購入者も町並みにあった高さ、建物がバランスよく並び、落ち着いた景観を維持してるマンションということなら、たとえ少々割高でも選ぶ時代である。湘南袖ヶ浜レジデンス高層階居住者が眺望を楽しむ31メートルの高層棟を建ててしまうことは、それ以外の平塚市民にとって大いなる損失になる。

安心と愛着のある生活を奪われて暮らさなければならない人々がいることを忘れてはならない。そのようなマンションが購入者に安らぎがもたらすか疑わしい。周辺住民に優しくないマンションが購入者にとって住み心地のよいマンションであるか疑問である。近隣住民の反対を押し切って強制着工する事業者が消費者にとって信頼に足る業者であるか疑問である。信頼できない企業の物件には問題がある可能性が高いと考えることは消費者にとって合理的である。

周囲から歓迎されないマンションは避けたほうがいい。周辺住民との関係をはじめ、建物自体もいろいろ問題が発生しそうな物件である。マンションの価値は、周りの人からどう見られているかで左右される。他人から「いい所に住んでいるね」と言われれば誰しも嬉しいであろう。平塚市内の全員とは言わないまでも、良識派のほとんどが非常識と考えるマンションに大金を払って住むのは馬鹿げている。

マンションを買うならば、近所の人達と気持ちよく関われる場所がいい。非難されてまで住むのは辛いし、肩身もせまい。反対運動の起きたマンションでは近所付き合いも厄介である。平塚は宿場町であり、昔からの有力者も多い。購入する場合は四千万円も五千万円も出すことになるから、周辺を廻って近所の人に声を掛けて確認した方がいい。建設地周辺に建設反対の幟旗が立っていたら、「何が問題か」と訊ねるのが自然である。

フラットで余裕ある造形にすれば、値段が少々高くなってもロケーションがいいため、見る目のある客はいくらでもいる筈である。もったいないと言わざるを得ない。景観を活かさないのは罪深い企業である。景観を破壊して迷惑をかけるだけである。

三菱地所は「安心、安全、快適で魅力あふれるまちづくり」「真に価値ある社会の実現」を謳い、東急不動産は「未来においても住み続けたいと思える住まいをお届けしたい」と謳う。湘南袖ヶ浜レジデンスの計画の有り様を見る限り、どちらも誇大広告、欺瞞、ウソっぱちにしか思えない。

全戸南向きの注意点

湘南袖ヶ浜レジデンスは全戸南向きをアピールするが、全ての居室が南向きの恩恵を受けるわけではないことに注意しなければならない。南向きという言葉だけで、採光良好と早合点すると大変なことになる。居住してから後悔することになる。知らない人が損をする構図である。

湘南袖ヶ浜レジデンスでは全戸南向きにするために住戸は南北に細長い形になっている。マンション版ウナギの寝床である。南東及び南西の角部屋以外のほとんどの住戸では採光は南側と北側のみである。南北に細長くなっているため、南北よりも東西の方がはるかに長い。ここは壁であり、窓はない。

住戸北側の居室は北側からの採光しか得られない。3LDKならば二部屋が北側になる。南側は壁である。北側は共用外廊下に面することになると推測されるが、その場合、通行人の目が気になり窓を開け放しておくわけにもいかない。しかも窓には面格子が付けられている。「見方によっては居住者が勝手に牢獄の窓から脱出しないようにガードしているようでもある(実際に地震が原因で火災が発生し、窓格子によって逃げ遅れ、焼死した事例がある)」(小菊豊久、マンションは大丈夫か、文藝春秋、2000年、36頁)。

湘南袖ヶ浜レジデンスCONCEPT BOOKは「窓からは湘南の太陽の恵みがたっぷり注ぎ込み、陽光と海を身近に感じられる、健やかな暮らしをお約束します」(7頁)とする。これは南側バルコニーに面した居室には当てはまるかもしれないが、全ての居室で当てはまるとは限らないことを忘れてはならない。

急激な人口増加の問題

大規模マンション建設による急激な人口増加が交通渋滞、駅乗降の混雑を誘発し、それに伴う安全面の不安を増幅させる。湘南袖ヶ浜レジデンスは総計画戸数301戸に対し、駐車場100%設置を謳う。もし全ての住戸が駐車場を利用したら、新たに301台の自動車が出入りすることになる。周辺住民にとっては排気ガスによる大気汚染や交通渋滞で迷惑を被る可能性が高い。

「マンションでは何をやるにも居住者の合意が必要だから規模が大きくなればなるほど管理運営の舵取りが難しくなる。分譲マンションはデカければいいってものではない」(河北義則『3年間、家を買うのはやめなさい!』ダイヤモンド社、1999年、223頁)。

駐輪場不足の懸念

湘南袖ヶ浜レジデンスは総計画戸数301戸に対し、駐輪場200%設置を謳う。自転車は一家に二台ということになる。湘南袖ヶ浜レジデンスではファミリータイプの住戸(2LDK, 3LDK)が中心を占めるが、三人家族や四人家族で一家に二台では足りないことが多い。溢れた自転車はマンション敷地内や敷地周辺に勝手に駐輪されることになる。

「敷地内にあふれた放置自転車は、マンション全体の美観を損なうだけではない。放置自転車が歩道を占拠し、子どもが車道を歩くようになってしまい危険でしかたがない」(稲葉なおと『誤解だらけのマンション選び2000-2001年版』講談社、1999年、50頁)。

広告地図に学区外の小学校のみを記載

湘南袖ヶ浜レジデンスの年賀広告葉書(「東京建物+東急不動産+三菱地所」)の現地周辺地図には市立港小学校は掲載されている。一方、袖ヶ浜を通学区とする市立花水小学校は全く掲載されていない。湘南袖ヶ浜レジデンスからは港小学校の方がやや近いが、学区は異なる。広告に掲載するならば花水小学校を掲載すべきである。

営業担当者が「近くの港小学校に通えます」と説明するほど愚かではないと信じたいが、不用意かつ誤解を招く広告である。この点からしても湘南袖ヶ浜レジデンス担当者の地元理解の程度が看取できる。このような広告を出す業者が提供するマンションが消費者にとって住みやすいものかは大いに疑わしい。

事業者の神頼み

湘南袖ヶ浜レジデンス事業者は風水個別相談会(2005年11月3日)を開催する。売り主は占術家にも頼りたいのだろうか。それほど追い込まれているのだろうか。案内葉書持参の来場者への商品券500円分プレゼントも実施している。何が何でも集客したい事業者の焦りが感じられる。逆に言えば購入検討者は慎重に構えた方がいい。

海に近いという立地特性からは潮風水相談や風水害相談会の方が購入検討者には切実である。風水相談会では「風水でいい」という名目で高価なオプションも買わせようという魂胆が明白である。イベントのあり方一つでも購入者の生活は考えていない企業体質を改めて確認できる。

販売住戸の少なさ

湘南袖ヶ浜レジデンスの第一期販売戸数が100戸程度、第二期販売戸数10戸程度である。たった10戸ということで、等価交換や不動産ファンドの懸念が生じる。非販売住戸が多かったり、販売住戸が少なかったりする分譲マンションは等価交換や不動産ファンドへの纏め売りの可能性がある。等価交換方式の場合、多数の住戸が最初から地主所有に決まっている。不動産ファンドに纏め売りされた場合も、不動産ファンドが多数の住戸のオーナーになる。不動産ファンドへのホールセールは都市型マンションではよく聞く話である。

等価交換方式で建てられたマンションも不動産ファンドに纏め売りされた物件も一般の分譲購入者にとってはデメリットが大きい。元地主や不動産ファンドが管理組合議決権の大半を掌握し、民主的な管理組合運営が出来なくなる。また、賃借人が多くなり、住民構成も一般の分譲マンションとは変わってしまう。どちらかといえば避けたい物件になる。一般に等価交換方式はイメージが悪いため、販売業者は説明しようとはしない。

湘南袖ヶ浜レジデンスの場合にも事業主三社がキャッシュで土地を購入したのではなく、たとえば、等価交換方式(土地代を建物の一部で交換する)として元の病院所有の住戸ができるという可能性が考えられる。湘南袖ヶ浜レジデンス建設地は広大であり、三社共同であっても購入代金をキャッシュで支払った上で、高層マンションの建設費や宣伝広告費・販売経費を支出していくのは厳しいだろう。

建設地の売買契約が等価交換的な形でなされた場合、病院が多数の住戸の所有者になるが、病院が賃貸マンション経営を直接行うことには障りがあるかもしれない。その場合、信託銀行に信託して運用してもらうという可能性が考えられる。あるいは病院がメインでファンドを設立するということも考えられる。事業主三社の一社三菱地所が属する三菱グループには三菱UFJ信託銀行が存在する。三菱UFJ信託銀行には不動産販売子会社として三菱UFJ不動産販売がある。

既存不適格建物

平塚市では2006年12月に高度地区指定告示、2007年6月には景観条例公布を予定する。建物の高さは22.5mに制限されると見込まれている。湘南袖ヶ浜レジデンスの10階は景観条例違反となる可能性が高い。逆に湘南袖ヶ浜レジデンスのような高層建築を規制できなければ景観条例の意味はないと言える。

景観条例に違反すれば、湘南袖ヶ浜レジデンスは完成時には不適格建物になる。資産価値は激減し、将来の建替え時に制約を受ける。建替えをする際は建替え時点の法規制に適合させなくてはならない。既存不適格となれば、当然建替えになった場合には従前の規模での建替えは不可能となる。容積率は今より抑えられてしまい、現状より小さい建物になる。出て行かなければならない世帯も発生しうる。

マンションの建替えは数十年後の話と問題先送りとする向きもあるかもしれないが、予期せぬ大震災等があって、建替えなければならない事態が起こる可能性もある。阪神・淡路大震災の時も、この既存不適格建物の建替えが問題になった。

将来買い換えなどで自宅売却をする際に、次の購入者や抵当権を設定する銀行は再建築できるかどうかを検討する。再建築が困難または不可能な場合は、新しい買い手が付きにくくなる。買い手が見つかってたとしても、新しい買い手に対して、物件的な理由で住宅ローンの融資をしない場合が多い。

景観条例違反の件で問い合わせ

景観条例違反の問題について直接問い合わせた方から、内容を伺った。以下にやり取りを記述する。2005年11月10日17時50分頃、湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリーに電話(0120-151-225)で問い合わせをした。応対した担当者は坂田と名乗ったという。

「景観条例に違反するというのは本当でしょうか」
「湘南袖ヶ浜レジデンスが、ですか」
「はい、そうです」
「今、現在、景観条例に違反するということはございません」
「すると将来はどうなのでしょうか」
「将来、どのような形になるかは分かりません」
「景観条例は来年か再来年には公布される予定と伺っておりますが」
「条例が成立するとしても、どのような内容になるかは私共では申し上げられません」
「そうなりますと購入者としては自分で調べなければならないわけですね」
「ただ、通常の場合、高さ制限に違反するとしても、既存不適格となるだけで、将来建替える場合に制限されますが、すぐに取り壊さなければならない、というようなことにはなりません」
「先ほど、内容は決まっていないとおっしゃられましたが、それは決まっているのですか」
「景観条例が既に施行されている地域もありますので、そこでの場合です」
「つまり、平塚市では別の内容になるかもしれないということですね」
「通常のケースではなりません」
「ですから、ご説明の場合というのは他の地域のことで、平塚市では、すぐに壊さなければならない、という内容になる可能性もあるわけですよね」
「はい。ないとは思いますが」
「ないとする根拠は他の地域の条例内容で、平塚市議会の審議状況を踏まえてのものではないわけですよね」
「・・・・・・」
「それから、おっしゃる通り、既存不適格になるとしても建替えの場合は困ることになるわけですよね」
「建替えというのは何十年先のことで、その間に用途地域の変更もありえますし・・・」 「あのですね、住む側にとっては何十年と住むわけで、売ったら売りっぱなしというわけにはいきませんよ」
「・・・・・・」
「建替えの際には、もっと小規模の建物しか建てられなくなり、何人かの住人は出て行かなければならなくなる可能性もあるわけですよね」
「あるかもしれませんが、私共としては断言することはできません」
「こちらでもっと調べなければならないということですね」
「申し訳ありません」

イーホームズに建築確認申請

湘南袖が浜レジデンスはイーホームズから建築確認申請をした。イーホームズは杜撰な審査で姉歯建築設計事務所による耐震データ偽装構造設計書を承認した民間検査機関である。「湘南袖が浜レジデンスも大丈夫だろうか」と思うのは自然な心理である。

購入検討者はもとより、これまで平穏に暮らしてきた近隣住民にとっても、当然の心配事である。少なくとも購入検討者は業者の説明を鵜呑みにするのではなく、平塚市の建築指導課に問い合わせて、不審点や不足がなかったか自主的に確認した方がいい。

平塚市は神奈川県の中央部、相模湾沿いに位置する。昨今、南関東や東海地域を震源とする大地震の発生が懸念されている地域である。もし大地震が現実になれば、甚大な被害は避けられない。姉歯秀次元建築士が構造計算したような耐震強度偽装物件ならば大変である。

湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリーに電話(0120-151-225)で問い合わせした人によると、以下のやりとりがあった(2005年11月22日)。販売担当者の「テレビで騒がれておりますので、私どもも現在確認中でございます」との発言は注目に発言する。消費者の安全第一からではなく、マスメディアが騒ぐから確認するという姿勢である。
「湘南袖ヶ浜レジデンスはイーホームズに建築確認申請をしたと聞いていますが、大丈夫ですか」
「現在、調査・確認中でして何とも言えません」
「確認とは建築確認という意味ですか」
「いいえ、そうではございませんで、事業主への確認ということでございます」
「イーホームズではなく、事業主に確認しているということですか」
「設計事務所による偽造が大きなニュースになっていますが、イーホームズの審査に問題があったと報道されています」
「テレビで騒がれておりますので、私どもも現在確認中でございます」
「建築確認自体はイーホームズから既に下りているということですよね」
「左様でございます」
「建築確認を他の機関で取り直す、ということは考えられていないのでしょうか」
「今の段階では何も申し上げられません」

イーホームズだけを抹消

建築現場の看板では「建築確認済証」表の「確認済証交付者」欄からイーホームズの名前が抹消されている(2006年1月22日)。イーホームズの代わりに株式会社国際確認検査センターと表記されている。しかし、交付年月日と建築確認番号は相変わらずイーホームズのものである。建築確認番号は「eHo」で始まる値である。

国際確認検査センターで再確認したならば、新しい建築確認番号と日付が入る筈である。イーホームズの名前はまずいということで、とりあえず差し替えたとの安易な姿勢がうかがえる。周辺住民を対象にした構造計算書についてと安全性確認の説明会は一切行われていない。問題事は先送りにし、とにかく早く売ってしまいたいとの事業者の姿勢が見える。

建築業界の手抜き体質

構造計算書耐震強度偽造事件後も業界の手抜き体質は何も変わっていない。設計図とは異なる工法で施工される例もある。現場写真を重視するようになったとはいえ、「写真がないからよく似た他の現場をそれらしく撮って」ということもある。

「中部地方の建設会社に勤める40代の男性は今年1月、旧知の同業者から連絡を受け、訪れた現場をみてあきれた。「面白いものが見られる」と言われ、倉庫の建設現場を遠巻きに眺めると、その意味が分かった。設計図は、安定性の高いコンクリート杭(くい)を使う「拡大根固め工法」だったが、目の前では、簡素な工法がとられていた」(「(偽りの安全)抜けない?手抜き体質」朝日新聞2006年5月7日)。

「安心求め旧財閥系大手不動産志向」とは言うものの、その旧財閥系大手不動産会社も消費者が価格を重視している以上、見えない値上げ部分に価値を見いだすかどうかは疑問である。三菱地所、東急不動産、東京建物と大手企業の名前を全面に押し出したとしても、価格を抑えている以上、耐震・耐久性等の安全面に金をかけてると盲信する根拠はない。

反対運動への妨害

匿名掲示板での殺人予告

インターネット掲示板「平塚ちゃんねる」では反対者を脅迫する内容の匿名投稿がなされた(2005年6月18日)。殺人予告と受け取ることもできる。「幹事不動産会社の担当者のお父様が行政や市議会にも強い影響力を持つ某団体のお偉いさんだからねえ。あんまり強く反対すると駅のホームで電車に乗るときに後ろが気になって電車に乗れなくなってしまうといけないから、このへんでやめておいた方が身のためだよ」(適宜、句点を付加した)。

湘南袖ヶ浜レジデンス建設反対運動の幟旗に破壊工作

2005年9月28日未明、湘南袖ヶ浜レジデンス建設反対運動の幟旗が何者かに破壊された。破壊されたのは幟旗六本である(「美しい街並み自分たちで守る」湘南ジャーナル2005年11月4日)。ポールは折られ、旗は破かれたり、外して結ばれたりと現場は惨い状態になっていた。

10月4日、警察に器物損壊の被害届けを提出することを伝え、10月8日に受理された。警察からは周辺のパトロール強化を伝えられた。反対運動に対する明確な挑戦である。このような陰湿な破壊工作は工作者の意図とは逆に、かえって反対運動を結束させ、より強硬にすることになるだろう。

事業者の勧誘電話

湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリーから資料請求者に対し、勧誘電話がなされた(2005年7月18日)。
「インターネットで情報収集させていただいているのですが、反対運動が起きているようなのですが」
「当初、16階ということしたが、住民の方ともお話し、また平塚市の方ともお話させていただき、階数を10階にさせていただきました」
「すると、住民の方も10階ならばOKという立場なのでしょうか」
「ご要望にお答えする形で階数を下げましたが、そこまでは私どもの方でもまだ把握しておりません」
「では未解決ということですね」
「はい。やはり、××様もそこが一番気になるところでしょうか」
「ええ」

その後も勧誘電話は続いた(2006年2月3日19時半、2月4日11時)。販売担当者は中野と名乗る。後日、送付資料より東急リバブルの中野博之と判明する。勧誘電話にありがちな、やたらと大きい声で論旨のない話をグダグダ話し続ける胡散臭さ爆発の内容であった。「まだ考えていない」と言っても「今、考えてみませんか」と強引に勧めてきた。早く売り抜けたいという印象を強化させる口ぶりであった。人の迷惑を考えず、ただ自分のところの商品が売れればよしという連中がやっている電話セールスは許せない。

反対運動についての説明は追及すると内容が変わった。最初は「反対運動はおさまりました。平塚市も自治会も認めています」と述べる。しかし、湘南なぎさプロムナードの環境を守る会については言及しなかった。資料請求者が「本当に反対している人はいなくなったのですか」と確認すると、答えが変わった。「近隣の方で反対している人はいます。しかし反対の対象は北側の病院の建物に移っています」。

屑物件を売りつけようと、電話してきて逆切れする東急リバブルの電話営業には「要らない」といって切ろうとすると、「あれ?*月にお電話したとき、『今忙しいから』と仰ったんで、こうして掛け直したんですけど」と言う奴がいる。これは嘘である。このように言えば「言ったかもしれない」と電話を切りにくくなる人がいるため、嘘をつく。もし仮に、本当に「今忙しいから」と言ってセールスの電話を切ったことがあっても、それとこれとは全然関係ないため、東急リバブルからの電話は気にせず、相手にせず、即切るべきである。

東急リバブル、裁判相手にもDM送付

湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリーは不利益事実不告知(消費者契約法4条)で東急不動産を提訴したマンション購入者にも湘南袖ヶ浜レジデンスのDMを送付した(2006年2月6日)。マンション購入者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から新築マンションを購入したが、不利益事実不告知があったとして売買契約取消しを求め提訴した。訴訟はDM送付当時、東京地裁に係属中である。

湘南袖ヶ浜レジデンスのDMを送付したは東急リバブルの中野博之(湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリー)である。バカみたいにデカイ字の宛名書きであった。これほど頭悪そうな字は久しぶりに見た。DM資料中には「東京都町丁目別地震液状化による建物倒壊危険度ランキング」が同封されていた。「東陽一丁目は5076町丁目中 ワースト318番目です。お住み替えをお勧めします」と記述していた。

原告は東急リバブルが販売したマンションに居住している。販売時には倒壊の危険性について一言も説明していない。ところが新しいマンションを宣伝する際は居住者の不安を煽り立てる。多くの消費者にとって不動産購入者一生に一度あるかないかの買物である。一体、どのような神経をしているのであろうか。東急リバブルは筋金入りの悪徳不動産営業の巣窟のようである。

東急リバブル、アルス東陽町を酷評

東急リバブルは自ら販売したアルス東陽町(江東区東陽)を販売の数年後には酷評する。アルス東陽町は東急不動産が2003年に分譲したマンションで、東急リバブルが販売を代理した。

しかし東急リバブルの中野博之(湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリー)は2006年にアルス東陽町居住者に住み替えを勧めるダイレクトメールを送付した。ダイレクトメールには「東京都町丁目別地震液状化による建物倒壊危険度ランキング」が同封されていた。「東陽一丁目は5076町丁目中 ワースト318番目です。お住み替えをお勧めします」と記述していた。

東急リバブルはアルス東陽町販売時には建物倒壊の危険性について一言も説明しないが、売った後では酷評し、新しいマンションを売りつけようとする。いかに東急リバブルが自社が販売する物件に無責任であるか、消費者から金を搾り取ることしか考えていないか良く分かる。東急リバブルとは絶対に取引してはいけない。

東急不買と中野博之

グーグルで「東急不買」を検索すると、関連検索語に「中野博之」が表示される(2007年10月26日現在)。何故、中野博之が関連検索語になっているかは不明である。中野博之は東急リバブルの従業員で、湘南袖ヶ浜レジデンスの販売担当者であった。湘南袖ヶ浜レジデンスは景観破壊マンションとして周辺住民を中心に強烈な反対運動が起きた物件である。

中野博之は東急リバブルが2年半前に販売したマンション「アルス東陽町」(江東区東陽一丁目)購入者に対し、湘南袖ヶ浜レジデンスのダイレクトメールを送付した。そこには「東京都町丁目別地震液状化による建物倒壊危険度ランキング」を同封し、「東陽一丁目は5076町丁目中 ワースト318番目です。お住み替えをお勧めします」と記述した。

アルス東陽町は東急リバブルが販売したマンションである。自社が販売した物件を数年後には危険として新しいマンションの購入を勧める。東急リバブルは筋金入りの悪徳不動産業者である。

販売価格(2006年2月6日現在)

号室 間取り 面積(平米) 価格(万円)
A棟103 3LDK 77.66 2890
A棟205

3240
A棟212

4000
A棟418

4060
A棟501

5990
B棟206 2LDK 65.73 2990
B棟209

3710
B棟214

3750
B棟315

3850
B棟316

4400

湘南袖ヶ浜レジデンス地域住民の声

地域住民によると、湘南袖ヶ浜レジデンスは「特に大型犬が歓迎される」マンションということで評判になっているという(2006年8月23日談)。既に入居済みのガーデンヴィラの一戸では、南面のテラスで犬を飼っているという。

毎朝、下の通りを散歩する犬や近所の犬の吠え声に反応して、上のテラスから吠えている声が聞こえてくる。毎日、見えないものに反応しなければならない犬はストレスも多い筈です。外では防音も意味がなく苦情も出そうである。

湘南袖ヶ浜レジデンスでは8月23日から第5期販売が開始される。「完売した」「完売した」と耳にするが、まだまだ売れ残っているという。

袖ヶ浜の環境で儲けるなら還元してください

湘南袖ヶ浜レジデンス近隣住民は「袖ヶ浜の環境で儲けるなら還元してください」と訴える(2006年9月1日)。売主と周辺住民との間を取り持つ業者「総合企画」担当者が袖ヶ浜西側住民宅を回っているという。ガーデンヴィラ棟から常に見られるプライヴァシー侵害の問題で、外からは見えない「フィルムを貼ってはどうか」と言っている。

後から建てられた湘南袖ヶ浜レジデンスの四階五階は商品性云々で透明ガラスのままにしているため、周辺住民が「古くからいる住民宅の窓ガラスにフィルムを貼らなければならないのか」と反発するのは当然である。逆にガーデンヴィラ棟の角の四階は西側住民宅から丸見えとのことである。目隠しを意図して西側道路側に植えてもらった数本の樹木について住民が「樹木を早く大きくなるよう育ててください」と依頼した。しかし担当者は「緑を維持管理する費用は大変」と呆れた回答を返した。

湘南袖ヶ浜レジデンスの宣伝文句は「この美しき環境へようこそ」「海、緑、風が、美しい調和をつくりだす」「暮らしの中央に、とっておきの空間を」である。湘南袖ヶ浜レジデンスの売り文句は緑を含めて環境の良さである。これで売っておきながら、緑の管理には費用をかけたくないと回答する。信じがたい神経である。

湘南袖ヶ浜レジデンス掲示板投稿

東急不動産らの「湘南袖ヶ浜レジデンス」に住民反対運動Part2

882 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/04(木) 09:34:41
物件広告のイメージ写真に合成写真を使うのはいかん!というのを 最近のニュースで知った。
湘南袖ヶ浜レジデンスの宣伝文句にもクレームつけなきゃ
おかしいと思う。 見渡す限りグリーンのイメージを謳っているけどね、高層棟の
オーシャンフロントでさえ、駅方向を見渡すともっと高い病院
がグワン!と立ちふさがってる案配なんだからね。
そろそろ、現地見学会でこの事実に気づかれそうだけど。
ゆるやかな時の流れが心地よい、と感じられる住空間は少なくとも
売ってる物件にはないと言える、マジ正直に。

888 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/08(月) 17:55:16
東京建物は外面は確かに旧安田財閥系企業です。
ですが、話し合いの場で明らかにされるその内情は、
成熟した企業にはほど遠いものです。
特にコンプライアンスといったことになると
まるで稚拙です。トップの企業姿勢なんでしょう。
ここの物件を購入された方がなにかトラブルに
遭遇しないことを願うばかりです。
そうなったときに企業の化けの皮は剥がれますから。
東京建物の社員が、湘南袖ヶ浜レジデンスの反対運動
に対して、どんなことをしているか知ったら、国民は びっくりするはずです。いや、しないかな?
品位のないそんな程度の企業だと、わかっているかもね。

896 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/16(火) 18:43:48
売れてないんですか、湘南袖ヶ浜レジデンスは。
ところで、幹事会社、東京建物のプロジェクトリーダーが交替したことはご存知ですか。
建設途中に交替することはよくあることなのでしょうか。
第2期工期のC棟は来年早々に建築確認申請出すもので
この秋に周辺住民への説明会があるそうですから、まだまだ途中の話です。
住民への説明では他の部署に「栄転」されるとのこと。
その方、C棟の建設予定地は「売れるものなら、病院に買ってもらいたい」とはっきり述べてます。
誰が買うのか??っていう環境ですし、日照権では相当危ないマンションとなります。
こんなもの建てて売れ残ったらやばいです。
東は34メートル(10階超)超の病院に日照がさえぎられ
南はA 棟&B 棟のマンションに日照と視界がさえぎられ
北側の真っ暗になった既存の一戸建てを見下ろして暮らさなければならないのだから、恐ろしいマジ正直に。

905 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/21(日) 11:59:30
7月末引き渡しとある湘南袖ヶ浜レジデンスのB棟(ガーデンヴィラ)が金曜日の朝、ヴェールを脱ぎました。
プロムナード側のエントランスは豪華に見せるのかも知れないけど、西側から見ると、規模がでかいだけの、まるでアパートみたいな安っぽさで、周辺住民からは大きなため息とともにあきれられています。
いくら塩害に強いからといって、白いタイル貼りじゃあね、魅力のかけらもありません。
ここまで住環境を悪化させておいて、これはないじゃーありませんか。
特に反対してこなかった住民もこれを見て泣いてます。マジ正直に。

907 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/23(火) 18:19:27
昨日たまたま駅横のマンションギャラリー前を通りすぎると、完売御礼の張り紙が見えました。第4期登録の販売戸数11戸についてです。
ついでに目に留まった折込チラシの重要なことが書いてあるのに文字が小さすぎて読めない下の部分にこんなことが書いてありました。
これまで25戸を東建の「Brillira Club」会員、「東急こすもす会」会員、「生活散歩」会員向けに販売しておりましたが、今回、そのうちの住戸11戸を一般分譲に振り替えております。
つまり、会員用に用意したのに売れ残った。
見学すれば、もうどういうマンションか誰でもわかる段階にきてますから無理もないです。億ションとまではいかなくても、作るなら、品位のあるマンションを作ってくれと住民がお願いしたときに、プロジェクトリーダーは、「そのつもりはありません」と言いました。
これがすべてです。いいマンションを作る気がないんですから、買う 必要もないということです。

910 名前:平塚のマジ正直 投稿日: 2006/05/26(金) 11:09:46 大量のBOTによる妨害行為でカオスと化していた、湘南袖ヶ浜レジデンスに
反対する市民運動「湘南なぎさプロムナードの環境を守る会」の掲示板が
昨夜、完全復旧してましたよ。
最近は掲示板あらしがそれはひどいそうで、
横須賀市の団体の掲示板は閉鎖を余儀なくされたそうですよ。
閉鎖するのを愉しんでる愉快犯がいるのも事実でしょうが、前述の守る会
のは、たとえば、販売に利害関係のある人物といった、仕事絡みでそうとう
運動に怨みを持った方の仕業である可能性が否定できません。
ネチネチと、いやな世の中です、マジ正直に。

湘南袖ヶ浜レジデンス@マンション購入掲示板

209: 名前:匿名さん投稿日:2006/03/28(火) 22:02
マンション建設現場は今日もハデにうるさかったな。鉄骨をまるでほうり投げてるようなガンガンの騒音の時には、周辺住民が「もう我慢ならん!」と苦情を申し述べに現場に出向いたが、責任者は出てこずに下っ端の若い淺沼組の人が話を聞いただけだった。
でも「静かになった!ね、」と成果を喜んでいたら、ちょうど3時のブレイクと重なっただけで、すぐにまたガンガンやりだした。工事協定書を交わしてあるんだけどな。
話変わって、いよいよ桜の季節の到来です。桜というと、去年が見納めだったマンション建設地の元杏雲堂病院のみごとな桜の木を思い出します。大きなため息出ますが。
三菱地所は「安心、安全、快適で魅力あふれるまちづくり」「真に価値ある社会の実現」を謳い、東急不動産は「未来においても住み続けたいと思える住まいをお届けしたい」と謳う。湘南袖ヶ浜レジデンスの計画の有り様を見る限り、どちらも誇大広告、欺瞞、ウソっぱちにしか思えない。

平塚市民の自慢の景観を守ってくれますか!

広告の「既存樹木を生かした...」はウソっぱち
2006/10/28(Sat) 09:00:59
湘南袖ヶ浜レジデンスは、その広告第一弾から「既存の樹木を生かした」環境のよさを謳い文句にしてきた。
住民説明会でも緑の保全に関心の高い周辺住民の声と、行政の指導では唯一、住民の声に耳を貸してきたと思われる「みどり公園課」に配慮して、できる限り既存樹木を残すと約束してきた。
ところがである。一本また一本と理由を付けられ伐られてきた経緯がありつつ、マンション南側の平塚市が管理する既存樹木を除き他は「すべて伐ってしまう」業者の本質が見えてきたのである。
南側のマンションA棟を見ると、あまりにも敷地ぎりぎりに建てすぎていて、黒松の枝がバルコニーに触れている。これではマンション住人からきっと文句が出るはずだ。西側ガーデンヴィラでもそうである。最初からこういう建て方をするつもりであったから、とにかく反対住民の要求に耳を貸してるふりをして建ててしまえ!それから伐れ!ということだったのだろう。
東京建物、三菱地所、東急不動産は、緑と住環境を守ろうとする市民の時間と精力をもてあそんだということになりはしないか。

どうして ここに 16 階 SAVE THE GREEN IN HIRATSUKA 私たちの景観を守ってくれますか!!!
no16F 空と緑と景観を守ろう no16F 行政の指導 平塚市民の自慢の景観を守ってくれますか!!! 湘南なぎさプロムナードの環境を守る会 活動記録
no16F 平塚袖ヶ浜計画 今日のトピック 平塚市民の自慢の景観を守ってくれますか!!! 景観モデル地区に突如持ち上がった高層マンション計画「平塚袖ヶ浜計画」の見直しを求める市民の運動 **守ろう 広い空 穏やかな環境
湘南なぎさプロムナードの環境を守る会
(仮称)平塚袖ヶ浜計画 「ここには過去結核患者収容病棟があった。
この敷地の一部で過去医療器具等を焼却し埋伏していた。
道をはさんで向かい側の高浜台ハイツの公園からはいまも土を掘ると簡単に医療廃棄物が出てくる。
目下、解体作業が進む看護師寮は当時は死体置き場だった(第I期工事B棟建設予定地)。
淺沼組の現場責任者安部氏は、看護師寮付近の竹林を刈っていて、急に具合が悪くなったそうである。
ライト工業という会社が一部の土壌入れ替え作業を請け負った。掘ると次から次へ医療廃棄物が出てきたものだから、種分けしてコンテナに詰め院外廃棄する作業と、土壌を選別する作業とで4ヶ月を費やした。」

江口友子のまちある記 平塚市議会議員(無所属)「周辺の住宅を見下ろすかのように立ちそびえる高層マンションは、都市計画と住民の手によって慎重に築きあげてきた環境や景観を一気に壊してしまいます」(2005年1月31日)。5月18日はマンション建設で景観が破壊される状態を示した写真を掲載した。「スカイラインは、みごとに分断されてしまいます」。
松本とし子・平塚市議会議員(日本共産党) 「(仮称)平塚袖が浜計画」とは あの旧杏雲堂病院跡地が・・・。
「美しい街並み自分たちで守る 低層化求め市民運動ひるまず 旧杏雲堂跡地 マンション・病院景観問題」湘南ジャーナル2005年11月4日


三菱地所トラブル

三菱地所、土壌汚染を隠して販売

「湘南袖ヶ浜レジデンス」(ピースピースピースプロジェクト)の事業主である三菱地所(東京都千代田区)は、複合施設「大阪アメニティパークOAP」敷地内のマンション「OAPレジデンスタワー」の土壌や地下水から環境基準を超えるセレンやヒ素、カドミウムなどが検出されたとの重要事項を隠してマンションを販売した(粟野仁雄 「不動産業界の王者「三菱地所」が客を騙してマンション販売」財界展望2005年1月号)。

OAPの事業主は三菱地所と三菱マテリアル(東京都千代田区)である。販売代理は三菱地所の100%子会社である三菱地所住宅販売(東京、大山智社長)。三菱地所と三菱マテリアルの両社役員らが行った会議で「土壌汚染を公表するべきだ」との意見が出ていたにもかかわらず、「公表すれば資産価値が下落する」などの理由で非公表にしていた。

三菱地所、三菱マテリアル、三菱地所住宅販売は1997年2月から土壌汚染の事実を告げずにマンションを販売していた。既に1997年1月には土壌調査で湧き水から基準を超える重金属が検出されたことを承知していた。2001年1月、皮膚障害の恐れのあるセレンを下水道法の排出基準の160倍、発ガン性のある砒素は基準の6.5倍を検出した。販売開始から5年半後の2002年9月に漸く土壌汚染の事実を公表し、販売を中止した(青山三千子・上原章「土壌汚染被害」イミダス2006、集英社、664頁)。

大阪府警生活経済課は、50代の男性へのマンション販売について宅地建物取引業法違反(告知義務)容疑で、法人としての三菱地所住宅販売を書類送検した(2004年12月16日)。容疑となった違法なマンション販売は、今月21日午前零時に公訴時効(3年)が成立する。同課はこれまで、同社のほか、開発主体の三菱地所、三菱マテリアル両本社を家宅捜索するなどしてきたが、容疑者を特定できなかったため、時効成立回避のため法人だけを書類送検した。今後、2002年の販売分について、同法違反容疑で捜査を続ける。

大阪府警生活経済課は両社上層部が汚染隠しを決めた疑いもあるとみて、今後も関係者の事情聴取などを続け、全容解明を目指す(「三菱地所住販を書類送検へ 重金属土壌汚染隠し事件」共同通信2004年12月14日、「土壌汚染隠しマンション販売、三菱地所住宅販売を送検」読売新聞2004年12月15日)。生活経済課は会議のメモなどを押収し、役員らの汚染に対する認識について解明を進めている。

2001年夏頃、敷地内から基準値を超える有害物質が出ていることが両社幹部に報告された。これを受け、両社役員らが出席した会議は2002年中に数回開かれ、汚染対策が話し合われた。その中では「汚染公表すべきだ」という意見や「公表すれば売れなくなる」といった消極的な意見も出された。

三菱地所の高木茂社長(65)は大阪府警生活経済課の調べに「マテリアル社などと歩調が合わず公表を含めた具体策を打ち出せなかった」などと供述している。同課は両社経営陣が汚染の事実を把握しながら公表を見送った可能性が高いとみている(江畑佳明「OAP土壌汚染:「三菱」2社、役員会で「公表すれば価値下落」−−押収メモで判明」毎日新聞大阪夕刊2005年3月28日)。

木村惠司・三菱地所社長は土壌汚染の可能性について認識があったことを認める。「もともとOAPの土地には、旧三菱金属(現三菱マテリアル)の大阪精錬所がありました。ですから開発の時には当然、何らかの形で土壌汚染のようなことがあるんじゃないかと思っていました」(木村惠司「社会に遅れた土壌汚染対応」日経ビジネス2005年8月1日号132頁)。

「三菱側にとっての落とし穴は、法令に違反しているかどうかに固執するあまり、法令以上の高度な企業倫理を求める社会の要請に応えようとする意識が欠けていたことにある」(「今日の白が明日は黒になる」日経ビジネス2005年8月22日号29頁)。

三菱地所らに宅建業法上の行政処分

大阪市北区の大阪アメニティパーク(OAP)の土壌汚染問題で、国土交通省と東京都は三菱マテリアル、大林組、三菱地所など5社に対して宅地建物取引業法による行政処分を下した(国土交通省「宅地建物取引業法第65条第1項及び第2項に基づく監督処分について」2006年6月13日)。

処分を受けた5社はOAPのマンションを販売する際、敷地内でヒ素などの重金属による汚染が見つかり、対策工事を行っていたにもかかわらず、これを購入者に説明していなかった(「三菱マテリアルと大林組に業務停止」読売新聞2006年6月14日)。

行政処分を受けたのは、三菱マテリアル、大林組、三菱地所、三菱地所住宅販売、三菱マテリアル不動産。三菱マテリアルには6月20日から2週間、大林組には6月20日から7日間にわたって、土地の売買や仲介など宅地建物取引業に関するすべての業務を停止するように命じた。他の3社には、法令順守のための社内研修や業務管理体制の強化といった措置を講じることを指示した。

大阪アメニティパーク敷地周辺から基準値の410倍のセレン検出

大阪市北区の複合施設「大阪アメニティパーク(OAP)」の土壌・地下水の汚染問題に絡み、事業主の三菱マテリアルは2006年9月10日、同日までに実施した周辺の土壌調査で、地下水から基準値の410倍のセレン等の有害物質が検出されたと発表した。地下土壌からは基準値の38倍のヒ素も検出された。敷地内だけでなく、敷地周辺も汚染されていることが裏付けられた。

「基準410倍のセレン検出=OAP敷地外でも地下水汚染−三菱マテ」時事通信2006年9月10日
「<OAP土壌汚染>基準値の410倍のセレン検出 大阪」毎日新聞2006年9月10日

日赤医療センター敷地でマンション建設紛争

「湘南袖ヶ浜レジデンス」(ピースピースピースプロジェクト)の事業主である三菱地所は東京都でも病院敷地でのマンション建設事業を行い、反対運動に直面している。

日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)の敷地内にマンションなどを建設する計画は、都市計画法に基づく開発許可を得ていないなどの違法行為があるとして、隣接地で小、中、高校を運営する学校法人東京女学館が2005年5月9日、東京都を相手取り、東京地裁に提訴した。都に工事中止命令を出すことなどを求める。

訴状によると、日本赤十字社と学校法人日本赤十字学園は、建物の老朽化が進んだことから医療センターの建て替えや特別養護老人ホームの新設などを計画。約7万3000m2の敷地の南側に医療センターなどを集中して建設するとともに、再建整備の財源を確保するため敷地北側に定期借地権を設定して三菱地所と三井不動産に提供した。定期借地権を設定した敷地の面積は約3万m2で、地上6階から19階建ての分譲マンション8棟を建設する工事が2004年から進んでいる。

一連の計画について、日本赤十字社らは都市計画法29条の開発許可は不要であるとの見解に基づいて再建整備計画を進めてきた。道路の廃止、付け替え、新設といった土地の区画形質の変更がないので、都市計画法で定義されている開発行為に該当しないというのが根拠だ。

しかし原告側は、「新たに建設される建物は多数でかつ大規模であり、周辺環境に与える影響が極めて大きい。それを考えると、開発許可が不要という考えはあまりにも形式的で不合理。都市計画法の目的や基本理念を達成できないことは明らか」として、都の開発許可を得ないまま工事を進めるのは違法と訴える。

また、分譲マンションの総戸数は約780戸だが、マンション以外に600床の医療センターや156室の職員宿舎なども計画されており、戸数1000戸以上の計画に必要とされる環境影響評価手続きも必要となるはずだと主張している。

さらに再建整備計画の敷地は建築基準法86条における一団地の認定を都から得ているが、すべての建物を取り壊して従来とまったく異なる空間を形成する計画は、既存建物への追加建物という86条の規定の範囲を超えていると主張。敷地北側は定期借地権を設定して建物管理も三菱地所らに任せることから、一体的な管理ができず一団地の認定は違法とする。

行政が第三者に対して一定の処分をするように求める「義務付け訴訟」は、行政事件訴訟法の改正(2005年4月1日施行)で可能になった。今回の訴訟は、この制度を活用して、許可や認定を行う都に、工事の中止と禁止命令を出すよう求めた(「隣地の学校法人がマンションなどの工事中止を求めて東京都を提訴」日経アーキテクチュア2005年5月16日号46頁)。

学校法人 東京女学館 『日本赤十字社広尾地区再建整備計画に関する訴訟について』
日赤医療センター・マンション群建設計画問題を考える会

三菱地所の羽澤ガーデン跡地再開発に反発

三菱地所による渋谷区広尾の羽澤ガーデン跡地再開発(マンション建設)に反発の声が出ている。これは単なる局地的な建築紛争ではなく、大きく都市計画にかかわる問題であり、東京をどのような都市にしていくのかが問われているという点では、三井浜田山の開発、下北沢駅前の開発、広尾日赤病院の開発と同様である。

羽澤ガーデンの建築物と庭園は、文化的価値の高いものであり、保全すべきとの声が多くの人々から上がっている。今、地元の方々を中心にして、羽澤ガーデンを含め、広尾の環境と景観を考える人々が結集しつつある。一人一人の力は小さくても、結集すれば大きな相手を動かせる。

三菱地所は羽澤ガーデンの内覧と建築計画の説明会(2回目)を2007年7月7日に同時に行おうとしている。これでは内覧後に分析する時間がないため、説明会で十分な質問ができないと住民側は反発する。そのため、住民側は再開発の責任者である三菱地所株式会社パートナー事業部・田村良介部長に対し、内覧の後、2週間以上の間隔をとって、説明会をやるように申し入れしている。この大勢の人々に同趣旨の申し入れをすることを広く呼びかけている。

羽沢ガーデンの保全を願う会発足

羽沢ガーデン(渋谷区広尾3丁目)は満鉄総裁や東京市長を務めた中村是公(ぜ・こう)(1867〜1927)の旧邸で、将棋の名人戦など数々の名勝負の舞台となった。大正時代の代表的な建築と庭園である。1915(大正4)年、中村が私邸として建設。

約1万平方メートルの敷地に、本館と離れ、茶室のほか広い庭園があり、敷地を囲うように緑が茂っている。将棋の大山康晴と升田幸三が名人位を争った舞台としても有名で、邸宅を貸し切って行う「ハウスウエディング」が人気となった頃は、多くのカップルが披露宴を開いた。

「ガーデン」は2005年12月に閉館。所有者の株式会社「日山」が、三菱地所とともにマンション建設を計画した。計画では、傾斜した約8500平方メートルの敷地に地上3階、地下3階の延べ床面積2万1500平方メートルの低層共同住宅を建設する。来年1月着工、2010年の完成を予定している。

マンション計画については、付近の住民が「建設計画についての説明が不十分。周辺から減っている緑を残してほしい」と「羽沢ガーデンの保全を願う会」を発足。都や渋谷区に陳情などを行っている。計画地の隣接地で生まれ育った橘充自(しゅう・じ)さん(68)は「地元と話し合って、いい形で緑の保全をしてほしい」と語る(赤羽諭「「羽沢ガーデン」解体へ」朝日新聞2007年9月29日)。

羽澤ガーデン跡地マンション建設説明会流会

渋谷区広尾の羽澤ガーデンの乱暴な開発の説明会が2007年7月15日(日)19:00より、國學院大學の院友会館で開催された。しかし、事業者側は建築計画、工事計画の説明には一言も入れず、説明会はまたもや流会となった。当日、台風が近づいており開催が危ぶまれていた。

主催者の連絡先、株式会社メイズ・プランには、開催するかどうかの問い合わせの電話が殺到したのに電話に出なかった。この対応に住民側は、同社が信頼できないと紛糾した。また、説明会の案内周知の範囲が狭すぎるとのことでも紛糾した。

次回は8月5日(日)に開催するという。入口で名前を書かなくても会場に入れる。署名は任意ということになった。住民側は、メイズ・プランに電話で日時と場所を確認して説明会に出席することを多くの人に呼びかけている。

メイズ・プランはマンション建設の近隣対策業者である。住民反対運動が起きた東急不動産の鷺沼ヴァンガートンヒルズと湘南袖ヶ浜レジデンスの近隣折衝業務を受託し、その不誠実さを近隣住民から非難された。近隣住民との折衝を別の会社の人間に丸投げすることは悪徳不動産業者の常套手段である。消費者契約法違反で売買契約が取り消された東急不動産のアルス東陽町も近隣折衝業務は康和地所株式会社の井田真介(後にアソシアコーポレーション株式会社取締役)が行っていた。

乱暴な開発から環境と景観を守る会(代表幹事 久保田正尚)からの転載です。
羽澤ガーデンの杜がなくなる!!その後にはコンクリートの要塞が??
長い間多くの人々に親しまれてきた羽澤ガーデンの杜が伐採され、マンションに変身しようとしています。
都心に残された貴重な緑、広尾の宝とも言える緑が無くなろうとしています。日赤に続き羽澤ガーデンの緑もなくなる事で環境の変化が大変心配です。
建築主・三菱地所(株)は、東京都および渋谷区にたいし開発許可などマンション建築申請の実現に必要な手続をしています。私達が黙っていれば、東京都および渋谷区はこれらをそのまま許可する事になりかねません。
各種条例の中に地元・説明会を行い、行政に対し近隣説明会等報告書の提出が義務づけられています。私達はこの機会に、事業者側に開発の根本的見直しを求めることができるのです。
6月13日(水)19時〜20時30分に初めての説明会が行われました。ご存知の方は少なく、有志の方がポストに開催案内を投函して下さいましたのでお蔭様で会場が一杯になりました。
事業者側は早くマンション計画の説明をしたかったのですが、私達は説明に入る前に疑問点を解決しないと次に進まない事を前提とし、事業者側もこれを一応確認せざるを得ませんでした。
この説明会は、まず事業者側が、事前の周知徹底、ガーデン現状の公開、出席者名簿の公平管理等、説明会を開催するうえでの最低限の基本事項が順守されていませんでした。このため、これを是正するよう求める住民の疑問や意見が出され、事業者側も構内の公開、出席者名簿の公平管理と公開、説明会の記録と公開などを一応約束せざるを得なくなり、開発計画の説明に入ることが出来ませんでした。
ですから、今、事業者側がこの約束を守るかどうか、これを充分見極めることが必要です。これがなされないまま事業者側の一方的な説明会がなされてしまうと、「説明」は終わったとして、事業者側は都市計画法の開発許可をとることを狙っています。ですから、このような事業者側のアンフェアな行動を許してはなりませんし、また法律的にも許されるものではありません。
繰り返します。羽澤ガーデンの共同住宅建築計画を中止させ、現状のままを維持するためには、事業者側のこのような姿勢を許してはなりません。
近隣住民の方々におかれましては、私たちの真意をお酌みとりいただき、下記の説明会に出席いただき、一緒に声をあげて下さるようお願いいたします。


羽澤ガーデンマンション群計画説明会(事業者側主催)
日 時・・・平成19年7月15日(日) 19:00〜20:30
場 所・・・國學院大學院友会館(渋谷区東4−12−8 電話3400−7781)
今、渋谷区中で、東京中で、時代に逆行した乱暴な開発が行われています。
すぐ近くの日赤で、渋谷の鶯谷で、神宮前で・・・枚挙に暇がありません。都市のヒートアイランド化と地球規模の温暖化が叫ばれる中で、まだこんなことを続けるのでしょうか。

21世紀は、環境の時代ともいわれる。環境に対する配慮義務が、より強く求められ、その内容も厳重なものである必要がある。土地の有効利用といった経済効率では推し量れない環境的な価値を付加して考える時代に変わっているのである。
都市計画とは、本来、そのようなかけがえのない環境を保護、保全して、人間が暮らしやすい場を提供することを目的とするものである。
人間が人間らしく、暮らし、育ち、学び続けられる街を子孫に残していかなくてはならない。
今、各地でこんな気持ちで立ち上がる人々が増えてきました。

三井・浜田山環境訴訟原告の呼びかけ

三井・浜田山環境訴訟原告らは2007年9月28日(金)12:30に東京地裁前への集合を呼びかけた。大型工事車両通行許可取り消しの仮処分申立に対して、東京地裁が沿道住民に原告不適格の決定を申し渡した。これは最高裁判決に反する決定であるため、斎藤弁護団は裁判官の忌避申立手続きをとった。

忌避申し立てにより、9月28日に予定されている口頭弁論での判決言い渡しはできなくなる。忌避申し立てを受けた裁判官以外が属する他の部の裁判官が、忌避の是非を審議するからである。通常、忌避申し立てを受けると、地裁で忌避の判断を下し、その結果が不服であれば、高裁、最高裁へと判断を仰ぐことができ、最終的な結論が出るのに、3か月から半年以上かかる。

判断が出るまで、判決は延期になるが、忌避申立にかかわらず、判決を強行する可能性がある。そこで9月28日は地裁前に総結集し、強行開廷の場合は、法廷内で抗議の声を、判決延期の場合は弁護士会館内で集会を予定している。28日は天下分け目の一日になる。万障繰り合わせて、東京地裁前への集合を呼びかけている。


(C) 東急リバブル・東急不動産不買運動 2004-2006 All rights reserved.  TOP