HOME English Page
東急不動産東急リバブル不買運動 東急不買 fc2 ヤフー goo excite b l o g
林田力 anime 枕石 空き家 Tumblr Twitter 海賊


ブランズシティ久が原とFJネクスト・ガーラ・グランディ木場の自然破壊
ブランズシティ久が原とガーラ東麻布
ブランズシティ久が原は縁起が悪い
ブランズシティ久が原批判と五島昇
ブランズ市川レフィール・ブランズシティ久が原建築紛争
ブランズシティ久が原問題で東急電鉄に要望
東急不動産マンションと崖地
ブランズシティ久が原批判の幟
ブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンス
ルフォンリブレ木場と東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判

東急不動産ブランズシティ久が原とFJネクストの嘘

東急不動産やFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)は住民に対して嘘をつく。東急不動産は大田区鵜の木の「ブランズシティ久が原」で駐車場出口について住民への約束を守らなかった。住民は「六郷用水側の道路は生活道路であり、子どもたちの通学にも使われている」として、「ブランズシティ久が原」駐車場の出入口を環八側にすることを求め、東急不動産も応じた。ところが、東急不動産は住民との合意に反して、駐車場出入口を六郷用水側の道路に設置するとした。

FJネクストは江東区東陽のガーラ・グランディ木場新築工事で家屋調査の解体工事の事後調査と合わせて新築工事の事前調査を実施すると説明したが、虚偽であった。実際は解体工事の事後調査しかしなかった。FJネクストはマンションの窓を「すりガラス」「はめ殺し」の窓にするとの約束も回答しなかった。

東急不動産もFJネクストも住民に対して申し訳ないという姿勢は皆無である。住民の信頼に後ろ足で砂を掛けて逃げる。東急不動産の姿勢は以下のように評される。「環八側に出入口を設けようとしたけどダメだったので、やっぱり六郷用水側にします。約束破っても特に責任は取らないし、マンション規模その他ついてはほとんど変えないからよろしく」(『「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログ』「7月22日の説明会を終えて」2015/07/23)。

東急不動産が警察の許可が得られなかったと言い訳するが、その言い訳自体が批判の対象になる。「素人がちょっと考えても、警察の許可をもらうためのやり方はそれなりにあると思うのですが、結局ダメでした、ごめんなさいとは何とも情けない話です。住民の要望に本気で応える気がない、自分たちが作るマンションを自分たちが考える理想に近づける努力もしない、そんな人たちが作るマンションは、結局住む人にとっても決して良いものとはならないでしょう。騙してでも売ってしまえばOKという東急の態度がよくわかる対応だと思います」(『(仮称)ブランズシティ久が原ってどうよ?』「作戦、それとも、ただの無能?」2015年7月19日)

東急不動産もFJネクストも買ってはいけない。東急不動産やFJネクストのマンション建設は多くの人々の笑顔溢れる社会から逆行する。東急不動産やFJネクストの問題を社会に広く伝え、対策を求めることが大切である。これは東急不動産不買運動とFJネクスト不買運動の共通認識である。

林田力

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』

マンションだまし売りを描くノンフィクション

林田力・東急不動産だまし売り裁判 東急不動産だまし売り裁判 楽天ブックス
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

●目次
まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
ロゴス社、2009年7月1日刊行



林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2014 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
TOP