×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME English Page
東急不動産東急リバブル不買運動 東急不買 fc2 ヤフー goo excite b l o g
林田力 anime 枕石 空き家 Tumblr Twitter 海賊


ブランズシティ久が原とガーラ東麻布
ブランズシティ久が原は縁起が悪い
ブランズシティ久が原批判と五島昇
ブランズ市川レフィール・ブランズシティ久が原建築紛争
ブランズシティ久が原問題で東急電鉄に要望
東急不動産マンションと崖地
ブランズシティ久が原批判の幟
ブランズシティ久が原とザ・久が原レジデンス
ルフォンリブレ木場と東急不動産だまし売り裁判
東急不動産だまし売りとハインリッヒの法則
タカタ製エアバッグ欠陥問題と東急不動産だまし売り裁判

ブランズシティ久が原とFJネクスト・ガーラ木場の自然破壊

東急不動産「ブランズシティ久が原」(東京都大田区鵜の木)とFJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)「ガーラ木場」(江東区東陽)は自然破壊である。東急不動産もFJネクストも都市部に残る貴重な樹木を伐採した。特に「ブランズシティ久が原」で伐採された樹木は江戸時代から続く貴重な自然林であった(林田力『東急不動産だまし売り裁判37ブランズシティ久が原伐採』Amazon Kindle)。企業理念の目的はどこにあるのか。自然破壊や住環境の破壊が企業の目的なのか。

東急不動産やFJネクストのマンション建設は住環境を破壊する。東急不動産やFJネクストは各地で住環境破壊の投資用ワンルームマンションを建設している。ブランズやガーラはゴキブリ宜しく次から次へと湧いてくる。東急不動産やFJネクストの憎悪の奔流は全てを投げ出し、全てを破壊し尽くしたい衝動に駆られるほどに凶悪で強烈である。滲み出る狂気と憎悪。直視にさえ耐えかねる黒い憎悪。どのような結論に至れば、東急不動産やFJネクストのような畜生へと堕ちる事が出来るというのか。闇よりも黒いブラック企業である。

東急不動産やFJネクストのマンション建設は真っ白なキャンパスの上にバケツで黒いペンキをぶちまけられるようなものである。不動産業者は反対住民を力で押さえつけようとしている。友好的な話し合いの雰囲気が傷ついたことは遺憾である。近隣住民に救いはなく、降りかかるものは絶望のみ。社会の弱い部分を押し潰す開発に反対することは当然である。東急不動産やFJネクストの上辺だけでの言葉は誰の心にも響かない。他者を思う心がなければ届かない。今なお自社の決断に間違いなどないと、そもそも間違いにすら気付いていない東急不動産やFJネクストには怒りを覚える。

マンション工事現場の悪臭は鼻を直撃する。悪臭とぬるぬるとした粘液に満たされた。衛生的にも宜しくない上に目などに入ればただでは済まない。汚らしい濁った粘度の高い液体でグチョグチョにされた挙句、全身が沸騰しそうになってしまう。工事現場の騒音は非常に耳障りかつ、やかましい。醜悪とも言える工事の手法は許容出来ない。

住民は我慢して黙っていれば「さすが、どっしりと構えて些細なことに動じない」と感心してもらえると思うか。実態は「ギャハハ、コイツら、ここまで馬鹿にされても何も言えないのかよ。だったらもっと虫けら扱いしてやろうぜ」と付け込まれるだけである。当たり前の生活を守り続けるために住民は声を上げている。住民が住民であることを誇れる世界であって欲しい。

東急不動産批判やFJネクスト批判を避けることは目を瞑るに等しいことである。東急不動産FJネクスト不買運動は卑怯者にはならない。泥に塗れ汚泥を啜る覚悟はあっても、胸には誇りがある。東急不動産FJネクスト不買運動は無駄な豪奢を好まない。東急不動産FJネクスト不買運動は酷く淀んだ心に涼風を呼び込んでくれる。道半ばで倒れた者達の想いすら、その背に背負う者の誇りに賭けて、東急不動産やFJネクストという巨悪に遅れを取ることなどあってはならない。

林田力

FJネクストがガーラ木場新築工事(江東区東陽)で破壊した自然

林田力 林田力 林田力 林田力 林田力 林田力 林田力 林田力 林田力

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』

マンションだまし売りを描くノンフィクション

林田力・東急不動産だまし売り裁判 東急不動産だまし売り裁判 楽天ブックス
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

●目次
まえがき 東急不動産を提訴  東急不動産の弁論欠席  弁論準備手続開始 東急不動産の証拠改竄を指摘  東急不動産の図面集捏造に反論  倉庫との虚偽説明を糾弾 アルス東陽町での進行協議  証人尋問  地上げ屋の証言  原告への陰湿な攻撃 東急不動産従業員の証言  偽りの和解協議  東急不動産の卑劣な提案  予定調和の協議決裂 東急不動産に勝訴  東急不動産の遅過ぎたお詫び  耐震強度偽装事件と欠陥施工  勝訴の影響 社会正義の実現のために
ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
ロゴス社、2009年7月1日刊行



林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2014 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
TOP